人気ブログランキング |

愛をこじらせてる

元旦の夜に祖母が他界し、ばたばたとした年始めをすごしています。

ただ祖母は長いこと伏せっていましたので、悲しみに暮れるというより、叔父、叔母、母などは来るべき日がきたと受け入れる準備が出来ているように見えました。祖父はいろんな感情が整理できないように見えました。
葬儀屋で働いた事のある叔母が陣頭指揮をとり、葬儀屋任せではお金がいくらあっても足りなくなるので自分たちで色々準備をしようということになりました。

昨日、自分たちで納棺したのですが、死装束の着せ方がわからずじまいでした。当たり前ですが、装束が入っていた箱にはなんの説明書もありません。この大きな布はどこだ? このふたつの小さな布はなんだ? いいよ、もう適当に結んでおこうなど、みんなでああでもない、こうでもないと試行錯誤する光景はなんとも可笑しいものでした。


家族の関係が複雑で、つねにごちゃごちゃと誰かと誰かがもめている、というのが私の親戚家族です。
毎年帰省の度に心を重くします。
お金があれば6割方解決することなのでしょうが、どういう訳だか福沢諭吉さんとは相性がよくないようです。

あとの4割の原因は「愛情」です。
愛をこじらせている。
みんなみんな愛をこじらせている。
母親への愛、父親への愛、兄弟愛。
愛をこじらせて、誰かのせいにしながら生きている。
嫉妬や憎しみや思いやりや希望、それぞれが大なり小なり傷を持っていて、それぞれが自分の正しさを信じている。
他人なら二度と会わなければそれで終わりですが、家族は断ち切ることができません。どうあがいても家族であり続けるしかないのです。
人間は完璧じゃないから、間違うこともたくさんあります。それがわかっているから他人は許せますが、家族だと許せなかったり、何年も尾を引いたりと実にややこしい。
かすかな何かを心に持ちつつ、
そして愛をこじらせている。

なるべく何にも執着しないで生きていこうというのが、愛をこじらせてる人たちにかこまれた私のモットーです。(なかなかそうもいかないですが、、)それは私の正しさであって、他の人にとっては物足りないことかもしれません。
なんて言いながら、私も愛をこじらせて誰かのせいにしながら生きているひとりです。
帰省は年に一度。普段目を伏せている家族のことについて考える良い機会になっています。

さて今日はお通夜、明日はお葬式です。
笑いながら賑やかにお見送りです。(希望)
by sanorobo | 2013-01-03 09:13 | 日々

--もりのことや自身のことなど--


by sanorobo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30