人気ブログランキング |

ジトミのこと その1の2

ジトミのことその1の2。(まだその2じゃないの)

e0182097_0243010.jpg


ジトミを我が家に招くことに3ヶ月もちゅうちょしたのは2つ理由がありました。

ひとつは、先住猫のペコとの相性が不安だったということ。
e0182097_0255115.jpg


一番最初に飼った猫ロボと今の猫ペコは、年齢差もあったせいか、あまり相性が良くなく、
ロボにストレスを与えてしまったのではないか、
そのせいでロボは早く逝ってしまったのではないかと思っています。
複数飼うことで、またその二の舞になるのではないかと心配でした。

もうひとつは、家人との意見の相違でした。
ひとつめの理由は家人も同じ意見でしたが、その思いの強さは違いました。
私は割にいい加減で忘れっぽい方なので、まぁなんとかなるでしょーと軽く考えてしまいます。
男性の愛情はもっと強靭というかなんといいますか、きちっとしているといいましょうか。

e0182097_0255014.jpg

e0182097_0261579.jpg


そして「野良猫」に対する意識も違いました。
野良は野良としての生き方があるという意見も半分は理解ができます。
野良の自由を奪って家の中に閉じ込めることが果たして良いことなのか。

e0182097_026406.jpg

ジトミが怪我をする6月より前に2回ほど、ジトミを家に入れました。
やはり野良猫は野良。閉じ込められて不安を覚えたのか、
ひどく鳴かれ、家のなかをおろおろしていました。
なんだかかわいそうになり、2回ともまた外に出したのです。
家人はあまり良い顔をしませんでした。
たいていのことは家人と意見が合うと思っていましたが、猫のことに関しては
毎回大きな違いを感じます。
これが猫だからまだいいけれど、もしもこどもがいたら大変だろうと
白目をむきたくなります。世の父母たちはどうやっているのかと尊敬の念すら覚えます。
意見を合わせて進んでいくのは難しいことなのだと痛感しました。
e0182097_0264764.jpg

e0182097_0271938.jpg



ジトミにとって良いことってなんなのかなんてわかりません。
それより私はジトミとどう付き合っていきたいのかをずっと考えていました。
e0182097_0273435.jpg

e0182097_0275179.jpg

e0182097_028223.jpg

e0182097_0282475.jpg




e0182097_0291733.jpg


時に身をゆだねて進むことは得意ですが、自分で決めて方向を決めることが私は苦手です。
そしてジトミが怪我をしてやって来た時に、あぁ今は苦手なことをしなくてはいけない時だ、
ついに決めて進むときが来たのかと心拍数が上がったのを覚えています。
ここから先の時の主導権は私かぁ、、、よっしゃ。
そしてジトミを家の中に入れてピシャリと窓をしめました。
もうどんだけ鳴いてもしりません。
というよりもジトミは怪我でくたくた、たくさんなく元気はなかったと思います。
その晩、ジトミは押し入れの隅で静かにかたまってました。
e0182097_0291034.jpg


その2につづく
by sanorobo | 2012-11-13 00:00 |

--もりのことや自身のことなど--


by sanorobo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30